アトピーと生活習慣

眠れないアトピー症状の緩和

眠れないアトピー症状の緩和

眠れないアトピー症状の緩和 アトピーは強いかゆみを伴うのが大きな特徴ですが、この強いかゆみが起こってしまうと夜も眠れなくなってしまったりすることも多いです。
アトピーのかゆみによって眠れない日が続いてしまうと日常生活にも支障をきたしてしまいます。
そう言った場合にアトピー症状を緩和する方法としてはまず、寝ているときにかゆみが起こり眠れないと言うときにはか保冷剤を清潔なタオルでまいてかゆい部分にしばらくあてて冷やしましょう。
かゆみは体温が高くなると起こることが多いので、冷やしてあげることでかゆみを抑えることができるので眠りにつきやすくすることができます。
また室温が高いと体温も上がってしまうので、エアコンなどで室温の調整津を行うのも良い方法です。
冬場は室温を温かくするとかゆみを引き起こすことがあるので室温を低めにするようにしましょう。
眠れない日が続くようであれば就寝前にぬるめのお風呂に入るようにすると良いです。お湯が暑すぎると体温を一気に上げてしまうので、ぬるめのお湯に入って体を清潔な状態にし、お風呂から上がったら水分をしっかりとふきとって化粧水などで保湿ケアを行って肌の乾燥を防ぐようにしましょう。
それでも緩和できない時には皮膚科やアレルギー科を受診してお薬を処方してもらうのも良い方法です。

眠れないアトピーの予防は皮膚病を理解することから

眠れないアトピーの予防は皮膚病を理解することから 眠れないほどの痒さが発生するアトピーの予防ですが皮膚病のことをある程度理解していれば防ぐこともできます。
夜の痒みはストレスなどによって分泌が促進されるヒスタミンの他にも肌の状態によっても痒さが増します。
肌が乾燥してしまいますと水分不足の状態となりますから肌バリアをしっかりと構築することができなくて、外からの攻撃に弱くなります。
また夜眠れないと成長ホルモンが分泌されなくなりますので皮膚細胞の新陳代謝が上手くいかずに、それが肌の乾燥を招くといった悪循環となります。
乾燥肌の人ほど刺激に弱いですから外的要因によってアレルギーが引き起こされやすいので環境を整えてあげることが大切となってきます。
皮膚疾患はストレスによる精神的な要因と肌の状態や腸内環境による外的要因によるものが多いので、そこの部分を理解しておく必要があります。
単純に肌の乾燥を防ぐだけではなく、ストレスを溜めない生活をすることも大切であり、ストレスによってアレルギー症状の痒みを引き起こすヒスタミンの分泌を促進されますので、生活習慣の見直しと共に自律神経を整える生活をした方が良いでしょう。
アトピーは食生活や環境といった理由だけではなく精神的な要因も関係しているということも忘れてはなりません。